医薬品卸の薬剤師−年収・仕事内容・求人・転職について−

医薬品卸会社で働く薬剤師

 

医薬品卸会社は、製薬会社が製造した医薬品を医療機関に届ける役割を担っています。

 

医療機関が必要とする医薬品は、非常にたくさんの種類があります。

 

病院や調剤薬局が、それぞれの製薬会社から個別に購入するとなると、
製薬会社に見積もりを取って注文するだけでも多くの手間がかかります。

 

 

医薬卸は製薬メーカーが製造する医薬品を一括に取りそろえ管理することで、
医療機関からの要望に応じて必要な医薬品を病院や薬局に届けることができます。

 

つまり、製薬会社と医療機関とを橋渡ししているのが医薬品卸会社です。

 

 

医薬品卸は、ただモノを運ぶだけではなく、他の物流業とは少し違った一面を持っています。

 

医薬品という「モノ」を運ぶことはもちろんですが、
それと供に有効性・安全性に関する「情報」を提供することが求められます。

 

最近は、ジェネリック医薬品もますます増えてきており、
医薬品の情報がより重要視されるようになってきました。

 

そのため、医薬品卸では薬のプロである薬剤師の存在が必要とされており、
営業所には1名以上の薬剤師の配置が義務づけられています。

 

 

医薬品卸の薬剤師は、医薬品の製品情報だけでなく、
流通に関わる医薬品医療機器等法(旧薬事法)や医療法など
薬事関連法規も把握しておく必要があります。

 

 

 

医薬品卸会社の役割

 

具体的に医薬品卸が担う役割は3つあります。

 

物流機能

病院や調剤薬局では、毎日のように医薬品の発注や納品が行われていますが、
当たり前のように見えてこれは非常に大変なことです。

 

大手医薬品卸では2万品目以上の医薬品を管理・流通させています。
これだけもの種類の医薬品を欠かすことなく医療機関に届けるには、
高度な在庫管理システムが整備されていなければいけません。

 

 

医療機関で手術前に、「必要な医薬品がない」となってしまっては、大変なことです。
他の物品とは違い、医薬品の欠品は重大な事態になりかねないとてもシビアな問題なのです。

 

また、医薬品は成分によって温度、湿度、光などの保管条件により
安定性が著しく低下してしまう物もあります。
その他にも麻薬や覚せい剤、毒薬・劇薬などは、保管・配送・販売についても
医薬品医療機器等法(旧薬事法)をはじめとする各種規制によって管理されています。

 

医薬品卸ではそういった医薬品の流通には厳しいルールを守りながら、
欠かすことなく病院や薬局に配達するということを毎日のように行っているのです。

 

 

販売機能

医療機関と医薬品の納入価について価格交渉は、
医薬品卸の営業職であるMS(Marketing Specialist)が行います。

 

製薬メーカーのMRは、医療機関と直接価格交渉は行いません。
MSは、製薬会社のMRから提示された価格を基に医療機関と価格を決定します。

 

 

全国の病院や診療所、調剤薬局は、約22万施設以上あり、
これらすべての医療機関を製薬メーカー各社のMRが訪問することは現実的に不可能です。

 

そのため、医薬品卸のMSが、新製品を中心とした販売促進機能をサポートしています。
MSの販促は約70%の医師の処方に対し一定の影響を与えているというデータもあり、
MRより低コストで医薬品採用に貢献している背景があります。

 

 

MRは自社製品や疾患に関する関連情報に関する深い知識を持っていますし、
MSは各社の製品に関して幅広い知識や情報があります。

 

MRとMSが協働することで、より効率的に販売促進ができるようになります。

 

また、医薬品卸は病院や調剤薬局の集客方法や運営方法のノウハウも持っているので、
コンサルティング業務も最近は増えています。

 

医療機関・調剤薬局の開業支援・在庫管理・SPDなど、
様々な経営支援サービスを提供することで医療機関・調剤薬局の経営効率化をサポートしています。

 

 

情報機能

医薬品はヒトの生命に関わるものであるため、
ただ販売するだけではなくそれに伴う情報が重要となります。

 

一般的な商品とはこの点が大きく異なり、
医薬品は情報と一緒に届けられて始めて安全に使用することができます。

 

医薬品卸のMSは、MRよりも医療機関や薬局への訪問頻度が高いため、
得意先との人間関係も構築しやすく密な関係を築いています。
そのため、迅速でこまめな情報提供は、医薬品卸を通じて提供されているのが現状です。

 

 

MRは自社製品のPRになりますが、
MSは特定メーカーに偏らず公正な情報的鏡をできるメリットがあり、
医薬品卸のMSは医薬品に関する情報伝達において重要な役割を担っています。

 

もちろん一方方向の情報伝達だけでなく、
効果や副作用なども医薬品卸のMSを通じて製薬会社にフィードバックされています。

 

 

 

医薬品卸会社ってどんなところがあるの?

 

以前は、医薬品卸会社は非常に多くの会社があり、
地方の地場卸もたくさん存在していました。
しかし、最近は卸の生き残り競争も激しく吸収合併が進み、
全国でも100を下回る数に減少しています。

 

国内大手の医薬品卸会社としては、メディセオ、アルフレッサ、スズケン、東邦薬品、
それ以外にケーエスケー、アステム、バイタルネットなどが医薬品の流通を支えています。

 

医薬品卸の売り上げランキングは次のようになっています。

 

卸業売上ランキング

企業名

医療用薬+一般薬等

消費者向(億円)

医療用医薬品

売上高(億円)

一般薬等薬粧向

製品売上高(億円)

総売上高

(億円)

1

スズケン

19,011.07

18,984.85

26.21

19,768.13

2

メディセオ

18,868.03

18,868.03

20,208.55

3

アルフレッサ

18,736.65

18,721.03

15.62

19,965.69

4

東邦薬品

11,566.34

11,510.25

56.09

12,387.14

5

PALTAC

8,603.50

8,603.50

8,603.50

6

ケーエスケー

2,879.76

2,879.76

0

3,005.05

7

アステム

2,735.13

2,735.13

3,776.01

8

バイタルネット

2,713.79

2,665.94

47.85

2,997.46

9

アルフレッサヘルスケア

2,255.18

0

2,255.18

2,255.18

10

アトル

2,074.36

2,074.36

2,140.97

参照:DRUG magazine 2016年7月号 医薬品産業ランキング

 

 

医薬品卸の薬剤師求人探しにおすすめの転職サイト

リクナビ薬剤師

 

 

⇒リクナビ薬剤師への無料登録はコチラ

 

非公開求人が70%以上で、レア求人が断トツに多い!

医薬品卸の求人は、公開すると応募者が殺到するため、非公開求人になっています。
「リクナビ薬剤師」に登録すれば、非公開求人をコンサルタントから紹介してもらうことができます。
医薬品卸の求人を探すなら、「リクナビ薬剤師」は登録必須の転職サイトです!

 

医薬品卸など企業とのパイプが強い

薬剤師転職サイトの中でも企業とのパイプが強いので、
医薬品卸の薬剤師求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には登録することをおすすめします。

 

コンサルタントのレベルが高い

転職を成功させるには、求人先との橋渡しをしてくれるコンサルタントが非常に重要です。
転職の最強集団といわれるリクルートグループのノウハウと経験があるので、
コンサルタントの交渉力やレベルが高く、転職の成功率も大幅にアップします。