医薬品卸の薬剤師求人を見つけるコツ

医薬品卸の薬剤師求人を見つけるコツ

医薬品卸の管理薬剤師は、調剤業務や患者さんへの服薬指導は行いません。

 

しかし、医薬品卸で扱う製品は非常に多岐に渡るため、
薬局薬剤師や病院薬剤師以上に幅広い知識を持っています。

 

 

医薬品卸は、医療機関で扱われている薬を取り揃え管理し、
調剤薬局や病院のニーズに応じた医薬品を納品しています。

 

取り扱っている商品の問い合わせ対しては、
きちんと対応できるようにしなければならないためです。

 

 

既存の医薬品から新薬についての知識はもちろんのこと、
医薬品医療機器等法(旧薬事法)や医療法、健康保険といった
関連法規など必要な知識は多岐にわたります。

 

直接患者さんに接することはありませんが、
医薬品や薬に関するあらゆる知識が深まる点でも
やりがいのある仕事だと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

医薬品卸の管理薬剤師に向いている人は?

 

新しいことを常に学び続けたい人

医療現場を取り巻く環境は、めまぐるしく日々変化し続けています。
新薬の情報だけでなく、法律や規制、ルールなども常に変更、更新されます。

 

医薬品卸は医療機関に対して最前線で対応しているため、
変化に対応し情報提供できるよう最新情報をいち早く入手しています。
そのため、日々の業務の中で、学び成長し続けたい人にはぴったりの職場だと言えます。

 

 

幅広い知識を身につけたい人

医薬品卸で働く薬剤師の最大のやりがいは、
多種多様な医薬品の知識を得られることではないでしょうか。
医薬品卸が取り扱う品目数は、製薬会社の比ではありません。

 

医薬品卸では、医療業界で取り扱われているほとんどの医薬品が集まります。
そのような環境で働く薬剤師は、医薬品卸の管理薬剤師だけです。

 

 

コミュニケーション能力のある人

管理薬剤師は、MSと医療機関、MSとMRの間に立って、
仕事をすることが多く協調性が求められる場面が多々あります。
また、MSや倉庫、物流の職員や内勤職員に対する教育研修も行わなければいけません。

 

医薬品卸では、薬剤師以外の人もたくさん働いています。
管理薬剤師は社内や社外との関わりが多く、立場も職種も違う人達をまとめ、
指導する事が多いため、コミュニケーション能力が高い人に向いている仕事と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

責任感の強い人

医薬品卸では、麻薬や毒物・劇物、向精神薬など
法律に定められた保管管理や記帳義務が必要なものなどがたくさんあります。
また、自社の販売免許や許可だけでなく、取引先の許可状況など関連法規の遵守も必要です。

 

医薬品管理や薬事管理を一人で行わなくてはいけないので、責任感が求められます。

 

 

広い分野の仕事に興味がありキャリアアップしたい人

医薬品卸の管理薬剤師は、学術的な情報提供やDI業務が中心になります。

 

最近の医薬品卸は、医院の新規開業コンサルティングや経営相談、
新人スタッフの接遇研修や管理職研修、病院機能評価受審支援、
診療報酬改定対応、医療安全対応など医療機関のアドバイザー的な役割をになっています。

 

医薬品卸の本社の仕事は多岐にわたるため、キャリアの幅広げたい薬剤師にはピッタリです。

 

 

医療業界の全体を見渡したい

医薬品卸は、医療機関に求められるサービスを提供するため、
めまぐるしく変化する医療業界の情報を常にアップデートしています。

 

医薬品の情報だけなく、医療行政の動向や、
診療報酬の改定対応などももちろん必要です。
最新情報を入手しながら、
医療業界の流れを幅広い視点で見渡せるの環境にあると言えます。

 

 

正義感が強く医療に貢献したい人

製薬会社で働く薬剤師は自社の売上を上げるという使命があります。
そのため、自社製品に偏った情報提供やノルマを達成するための提案になってしまい、
「本当にそれが患者さんのためなのか」と医療人としてのジレンマを感じる人も少なくありません。

 

医薬品卸は、あらゆる製薬メーカーの製品を扱いますので、
公平な立場で本当に適切で良いと思う製品を医療機関に提案できます。

 

多種多様な医薬品の知識があるからこそ、
その中から患者さんにとって本当に必要な医薬品の提案ができるのは、
医薬品卸の薬剤師ならではではないでしょうか。
本当の意味で医療に貢献したいには、やりがいのある仕事だと思います。

 

 

医薬品卸の薬剤師求人を探すには?

 

医薬品卸の薬剤師の仕事は、調剤薬局や病院に比べると非常に少ないです。

 

また、欠員補充という形で不定期に募集されることが多く、
常に情報収集をしていなければすぐに募集枠が埋まってしまいます。

 

レア求人を上手に入手するには、薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。

 

転職サイトのコンサルタントに求人情報が出たら教えてもらうように伝えておけば、
家に居ながら、仕事をしながら多くの情報を効率的に集めることができます。

 

 

転職サイトの登録・利用はすべて無料ですので、使わないのはとてももったいないことです。

 

医薬品卸の薬剤師求人を探すのに、おすすめの転職サイトを紹介しています。
登録は1分程度でできますので、ぜひ登録しておきましょう!

 

医薬品卸の薬剤師求人探しにおすすめの転職サイト

リクナビ薬剤師

 

 

⇒リクナビ薬剤師への無料登録はコチラ

 

非公開求人が70%以上で、レア求人が断トツに多い!

医薬品卸の求人は、公開すると応募者が殺到するため、非公開求人になっています。
「リクナビ薬剤師」に登録すれば、非公開求人をコンサルタントから紹介してもらうことができます。
医薬品卸の求人を探すなら、「リクナビ薬剤師」は登録必須の転職サイトです!

 

医薬品卸など企業とのパイプが強い

薬剤師転職サイトの中でも企業とのパイプが強いので、
医薬品卸の薬剤師求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には登録することをおすすめします。

 

コンサルタントのレベルが高い

転職を成功させるには、求人先との橋渡しをしてくれるコンサルタントが非常に重要です。
転職の最強集団といわれるリクルートグループのノウハウと経験があるので、
コンサルタントの交渉力やレベルが高く、転職の成功率も大幅にアップします。